仁厚会・敬仁会社会医療法人 社会福祉法人
仁厚会・敬仁会グループ

  • 背景色変更
  • 標準
  • 文字サイズ
  • 標準

医療福祉センター 倉吉病院 /仁厚会

新着情報

  • お知らせ

認知症家族教室『ひだまりの会』3回目を開催!

 12月7日(土)、今年3回目の認知症家族教室『ひだまりの会』を開催しました。

 今回は「介護者のストレス・ケア」「社会資源について」の2テーマについて、専門職がミニ講義をしました。実際の介護や生活の場面での悩みや対応事例等が話題にあがり、参考になる話がたくさんありました。

 来年度も開催を計画したいと思います。さまざまな場面で参考になるヒントがあると思いますので、ぜひ気軽にご参加ください。男性の方も大歓迎です。

 

 

(1)「介護者のストレス・ケア」より一部紹介

 介護者のストレスには心理的ストレス、身体的ストレス、経済的ストレス、時間的ストレスなどがあります。それらの影響で、落ち込みや不安等の「精神的症状」、食欲不振や睡眠障害等の「身体的症状」が生じることもあります。介護が日常生活の一部となり、負担が増えている事にも気づかず、いつの間にか自分自身の時間を削っていないでしょうか?

 自身のストレスをチェックし、自分のケアも必要です。例えば、友達とランチに行く、たまにワンランク上のワインを飲む、リラクセーションなど考えてみましょう。

 

 

(2)「社会資源について」より一部紹介

 住み慣れた地域で、できるだけ長く生活できるとよいですが、病気の進行とともに病状の変化、各種費用、関わる家族のこと等から、先々の不安が生じることがあります。中部圏内の施設や費用、各種制度について概要を説明いたしましたが、個々の状況に応じて対応が異なりますので、まずは地域の専門職に相談されることをお勧めします。地域のケアマネージャーさんや地域包括支援センター、かかりつけ医、各専門医療機関の他に、認知症疾患医療センターでもご相談を承ります。どうぞ気軽にお電話ください。電話:0858-26-1015

 

 

ミニ講義後のティータイムのようす
(家庭での出来事や工夫されていること等が話題に)