仁厚会・敬仁会社会医療法人 社会福祉法人
仁厚会・敬仁会グループ

  • 背景色変更
  • 標準
  • 文字サイズ
  • 標準

米子東病院 /仁厚会

院長あいさつ

yonago_aisatu_03
社会医療法人 仁厚会 
米子東病院 院長

頼田 孝男 
(第三代米子東病院院長)


 

社会医療法人仁厚会 米子東病院にようこそ

 

 私たちの病院は日本海に面して、松林に囲まれたすばらしい環境にあり、病室からは弓ヶ浜、島根半島、美保関灯台、天候によっては、隠岐の島が望まれます。また四季折々の大山の眺めは絶景です。

 

 当院は平成19年6月に、地域住民の皆様や、医師会の要請に応えて、米子市の医療法人大淀会の経営を継承することにより、特定医療法人仁厚会 米子東病院として開設されました。そして「主役はいつも患者さん」を理念の核として鳥取県西部の回復期リハビリテーション施設として新生、再出発致しました。

 

 平成20年10月1日、新しい法人制度である社会医療法人の資格を取得して公的医療機関と同様、地域に対する大いなる責任を背負うこととなりました。平成24年3月には病院機能評価Ver.6認証を取得し、着実に社会的評価を受ける病院に変貌を遂げてきました。

 

 現在45床の回復期リハビリテーション病棟(入院料3)と50床の療養病棟(入院基本料1)を稼動させています。リハビリ担当医(整形外科)、内科医、循環器内科医、神経内科医および、県内トップレベルの優秀な多数のリハビリスタッフ(PT,OT,ST)を始めとし、経験を積んだ看護師と介護士とが、リハビリテーションと療養、看護・介護を中心に最良の医療を提供しています。

 

 当院は高齢で障害を持っておられる患者さんも多く、いつも自宅に帰りたいという気持ちを持っておられます。少しでも多くの方が安心して在宅へ導かれることが私達の大きな目標の一つにもなっています。

 

 平成26年6月1日から新たに院内に訪問リハビリ事業所、訪問看護ステーションを立ち上げ、平成28年4月1日から通所リハビリ事業所を立ち上げました。近隣の医療機関と連携をとり、外来機能、在宅医療、看取りも含め慢性期医療を総合的に対処できるこの地域の中核病院として、社会貢献したいと願っています。

 

 皆様には今後ともご指導、ご協力を賜りたいと思っておりますので、よろしくお願いします。