仁厚会・敬仁会社会医療法人 社会福祉法人
仁厚会・敬仁会グループ

  • 背景色変更
  • 標準
  • 文字サイズ
  • 標準

保育所 よどえババール園 /敬仁会

苦情解決

苦情解決

目的

保育サービスに対する利用者の満足度を高め、利用者個人の権利の擁護とサービス提供者としての信頼及び適正性の確保を図ることを目的としています。

 

苦情解決窓口

苦情解決責任者園長 梅田 昌子
苦情受付担当者主任保育士 岸本 奈津子
第三者委員井手添陽子氏 田中俊幸氏 濱川康夫氏

 

苦情受付について

  1. 苦情は、「苦情受付担当者」及び「第三者委員」が随時受け付けます。
  2. 苦情の受付に際しては、「苦情・ご意見受付書」に記録します。
  3. 苦情の受付方法は以下の他、申し出があった場合にも適切に対応いたします。

(1)面接

(2)電話

(3)手紙

(4)ご意見箱

(5)ファクシミリ

(6)電子メール

 

苦情の報告

苦情受付担当者及び第三者委員は、原則として受け付けた苦情を、事業所の苦情解決責任者にすべて報告いたします。

ただし、第三者委員の受け付けた苦情のうち、苦情申出人が事業所への伝達を拒否する事項が一部ある場合には、その内容を除き報告いたします。

 

苦情解決の流れ

苦情解決責任者は、苦情申出人との話し合いによる解決に努めます。

その際、苦情申出人又は苦情解決責任者は、必要に応じて第三者委員の助言を求めることが可能です。

第三者委員の立ち会いによる苦情申出人と苦情解決責任者の話し合いは、次により行います。


 

  1. 第三者委員による苦情内容の確認
  2. 委員による解決案の調整、助言

 

また、当事業所内での解決が困難な場合は、法人の苦情解決委員会にて検討を行うこととなります。