仁厚会・敬仁会社会医療法人 社会福祉法人
仁厚会・敬仁会グループ

  • 背景色変更
  • 標準
  • 文字サイズ
  • 標準

社会医療法人 仁厚会

仁厚会・敬仁会について

インフォメーション

救急医療情報

雨量情報

▲ 倉吉病院屋上の雨量計にて測定中

 

Tokyo_kyujin

社会医療法人 仁厚会

0858-26-1012(代表)

〒682-0023

鳥取県倉吉市山根43番地

法人理念

法人理念 主役はいつも患者さん

 ① 「医療現場の主役」は、いつも病気で苦しむ患者さんなのです。

 

 ② したがって、常に、「患者さんから学ぶ」という姿勢を忘れてはなりません。

 

 

 ③ この、あるべき姿は、昔も、今も、これからも変わることはありません。

 

 

 ④ 我々は、時々、主役である患者さんを忘れることがあります。

 

 

 ⑤ 病気に注目する余り、病気や病原菌そのものが主役になり、患者さん不在に

  なることがあります。

 

 ⑥ また、医療従事者(事務職員も含めて)が主役に収まってしまうことは、

  いとも容易いことであり、余りにも、よく目にする光景であります。

 

 ⑦ したがって、我々は、毎日でも「主役はいつも患者さん」という理念を唱えなければ、

   迷路に迷い込んでしまいます。

 

 ⑧ 「病気で苦しむのも患者さん」、「病が癒えて喜ぶのも患者さん」、

  「病に倒れて命を失うのも患者さん」であります。

 

 ⑨ だからこそ、決して、患者さんから「主役の座」を奪ってはならないのです。

 

 

 ⑩ さらに、病院が持っている患者さんについてのすべての情報は、

  患者さんの持ち物なのです。