仁厚会・敬仁会社会医療法人 社会福祉法人
仁厚会・敬仁会グループ

  • 背景色変更
  • 標準
  • 文字サイズ
  • 標準

医療福祉センター 倉吉病院 /仁厚会


看護部のご紹介

看護部長ごあいさつ

看護部長ごあいさつ

私たちは、鳥取県中部地区において精神科病床を持つ唯一の病院として精神科医療の中核を担い、地域社会に求められる質の高い看護の提供を行いたいと考えています。
 
今、医療は病院中心の医療から在宅医療へと地域包括ケアが推進されています。住み慣れた地域でその人らしく生活していただけるよう、法人の理念である「主役はいつも患者さん」を念頭に置き、患者さんを中心に、他職種がそれぞれの専門性を発揮しながら連携、協働しチームで支援してまいります。今後さらに看護の活動の場を広げ、地域の皆様といっしょにだれもが安心して暮らせる地域社会の実現を目指して、看護の役割を発揮していきたいと考えています。

 

 

精神科看護とは

精神科でまず大事なのは「聴く姿勢」です。患者さんのつらさや不安に耳を傾け、それを解ろうと懸命に努力することで、少しずつ患者さんとの間に信頼関係が構築できます。

 


 

患者さんの言葉や行動には必ず何か理由があり、その多くは自己防衛によるものであり、根底にある気持ちを看護師がつかめるとアプローチの仕方も見えてきます。

 


 

非定型抗精神病薬により、快方に向かう患者さんが多くなったこともありますが、看護の関わり方によって患者さんがよくなっていかれるのが精神科看護の醍醐味です。